結婚式の費用はご祝儀で賄える?安く抑えるポイントまとめ!

人生で1回きりの晴れ舞台の結婚式☆

 

家族・親戚・友達・恩師・同僚

大勢の人を呼んでぱぁっと盛大にしたい!!!

 

しかし現実はお金ないし安く抑えたい・・・

 

そんな悩みを持つ新婚夫婦は少なくありません。

 

「結婚式にそんなに費用をかけなくてもいい」

 

 

”結婚式=お金がかかる”

 

というイメージが強いのも仕方ありません。

 

結婚式を考えている人にとっては

いかにして費用を安く抑えるか!!

ということが重要になってきますよね。

 

お金が十分あればそんなことを気にしなくてもいいものが

そうもいかないのも事実です。

 

今回はどのようにして費用を抑えるか

またご祝儀によってどのくらい賄えるのか

というところを見ていきたいと思います。

 

※今回はリゾート婚などではなく

日本国内で挙式したということで見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

結婚式費用の平均額

 

まず結婚式の総額の平均って

一体どのくらいか知っていますか?

 

呼ぶ人数・料理の質

何回着替えるかなどによって

金額は変わってきますが

70人呼んで平均して358.4だそうです!
(ゼクシィ調べ)

 

358万円・・・( ;∀;)

 

新婚生活でお金もかかってくるのに

この出費は大きいですね!

 

もちろん人数が減ると

総額も減ることになりますが

だいたい60人~70人程度呼ぶ人が

多いのではないでしょうか。

 

 

しかし平均額(70名での)ということなので

中にはもっと高額な結婚式をしていたり

安く抑えている人もいるということですね!!

 

 

結婚式の費用はいつ払うの?

 

結婚式をするには結構なお金がかかるイメージがありますが

“いつ払うのか”ということによって

2人の気持ち的に違ってくるのも確かです!

 

お支払いのタイミングって式場によって様々だったりします。

 

しかしほとんどの結婚式場は

支払いは前払い制になっているようです。

 

挙式の10日~1週間前までに支払う

というところがほとんどですね。

 

しかしまれに挙式後3日以内に振り込みという

何とも嬉しいシステムの会場もあるようです♬

 

もちろんある程度の額の貯金は必要ですが

挙式後の支払いだと“ご祝儀”をもらってからの支払いなので

総額を自分たちで最初から準備しておく必要がないのです。

 

なので「まとまった貯金がない」という新郎新婦には

とっても助かりますよね♪

 

まずはブライダルフェアに行って

プランナーの人に確認してみましょう!!!

 

 

結婚式の費用はご祝儀で賄える?

 

つづいてはご祝儀に関してです。

 

結婚式に参加する場合

会費制の1.5次会のようなもの以外だと

一般的にご祝儀を渡しますよね♪

 

金額は一言で3万円と言ってもいいところですが

親せきなど身内からはそれ以上もらえることもあると思います。

 

とりあえず一人3万ずつご祝儀として

渡してくれたとします。

 

【70名×3万円=210万円】

という式が成り立ちますね!!

 

しかしゲスト一人にかかる料金(料理・引き出物など)は

3万では収まらないことがほとんどです。

 

そうなってくるとその差額分は自己負担となるわけです。

 

自己負担額はそう考えると100万は越えてしまいますよね・・・

 

しかし実際に自己負担額が0だった!という

結婚式もあるそうです(*^^*)

 

私の友人の結婚式がそうでした!

 

その理由が両親からの援助があったというわけです♪

 

「お祝いだから」と少し援助してくれたんですね~

 

そのように親からの援助があったから

自己負担額が0で結婚式ができた!というのも

あるということですね(*´з`)

 

現実的に言うと親からの援助がなければ

自己負担なしでの結婚式は難しいといえるでしょう。

 

しかし今では工夫次第で

自己負担額を安く抑えることもできるのです!

 

 

結婚式で費用を抑えるためのポイント

 

 

結婚式の費用は賢く削って

安くても盛大な式にしていきたいですね♪

 

そのためのポイントをまとめてみました!

 

1.作れるものは自分で作る

自作アイテムを使うということです。

最近流行りのDIYです(^_-)-☆

 

席札や座席表、料理のメニュー

リングピローやウェルカムムービーなど

自分で作ろうと思ったら何でもできます!

 

今は自作アイテムのアイデアなんかは

ピンタレストやいろんなアプリに載っていますよね♪

 

それを参考にして作れるものは

自分で作っちゃいましょう!!!

 

2.自分だけのウェディングドレスを♡

 

え?どういうこと?

と思った人もいるかもしれません。

 

これは会場によってはNGのところもあるので

注意が必要ですが・・・

 

ウェディングドレスを会場で借りて着るのではなく

自分のドレスをオーダーして作ってもらうのです♪

 

レンタルでも1着18万円くらいするドレス!

 

もっと安く自分の体型にあったドレスを

つくってくれるところはたくさんあります。

 

そこで自分が最初に着る

自分だけのドレスをつくってもらいましょう♪

 

みなさん、花嫁が幸せになれるSomething 4って

知っていますか??

 

・Something New(サムシングニュー)
・Something Blue(サムシングブルー)
・Something Old(サムシングオールド)
・Something Borrowed(サムシングボロー)

 

ドレスをつくるというのは

サムシングニューに当たりますね(^^♪

 

「新生活が希望に満ちて幸せなものになりますように」との願いを込めて

結婚式に向けて新品のものを用意します。

参考:マイナビウェディング

 

つくる方が割高の印象がある人もいると思いますが

案外持ち込み可能だったら安上がりになるんです!

 

3。結婚式の時期を考える

 

結婚式は繁忙期が高いのはお分かりかと思いますが

逆に言えば閑散期は安めの価格になっているのです!!

 

もちろん大人気はジューンブライドの6月☆

この時期は日にちを予約するのもなかなかできませんし

費用も割高です!!

 

逆に人気のない月は8月と12月。

さすがにお盆と年末にかぶせるのはどうかと思いますが

お盆前やお盆の後、12月の前半などは

閑散期で比較的安めで予約もしやすいのだそうです!!

 

でも8月に結婚式をするとなると

場所選びがポイントとなりますね!

 

真夏の炎天下の中

ゲストを外で待たせるようなことにならないように

その辺りの配慮は必要でしょう!

 

 

 

まとめ

 

結婚式の費用についてまとめていきました!

 

一生に一度のイベントなので

後悔のないようにしたいですよね(^^♪

 

賢く節約してい分の思い通りの結婚式にしていきましょう♡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください